FC2ブログ
HomePS>地球防衛軍5の感想

Sun2017.12.17

地球防衛軍5の感想

先日発売された地球防衛軍5のノーマルをクリアしました。
友達と画面分割でやったので一気にレンジャーとレイダーをクリア。
2人でやったせいもあったと思いますが割と楽でしたね。


オフでクリアしたので早速オンに行こうと思ったらここで重大な欠陥を発見。
何と前作同様でオンとオフの進行度が別々らしくて、オンだとまた最初からでした。
一応キャラのステータスはオンとオフで共用ですが、何故か進行度だけは別という意味不明な仕様。
オンとオフで進行度が別なのは前作でも結構批判されてた部分なのに何で今作も同じ仕様にしたのか?
流石にこの仕様は理解に苦しむ。
今後のアプデで対応してほしいものです。


取りあえず今作は前作より全体的に良かったですね。
撃ってると敵の外皮やアーマーがガリガリ剥がれるので爽快感が上がった。
同じ武器を手に入れると性能が上がるので低レベルの武器でもある程度のミッションまでは使えるようになった。
補助装備が付いた事で各兵科の戦略の幅が広がった。
役割分担が前作以上にハッキリしてるのも良いですね。


特に補助装備の存在はかなり大きいです。
例えばレンジャーならビークルでメイン火力になれるし、アーマーで自身を強化する事もできる。
フェンサーならブースターやスケルトン強化で機動力を上げたり、砲撃強化やシールド強化で幅が大きい。
前作では特定の戦法一辺倒だった各兵科が補助装備の存在で戦略の幅が広がったのは大きいです。


後は個人的に良かったのが高高度の円盤が無かったという点。
前作はSRじゃないと届かないくらい高い位置に円盤がいてSRを強制されるミッションが多かったですが、
今作の円盤は基本的にアサルトでも届く高度にいるので武器選択の幅が広がった。
まぁレンジャーはAR+ロケランで大抵のステージはどうにかなるのですが。


不満点は前作までと同じ。
敵の攻撃エフェクトや死体で視認性が悪くなる場面が多い。
特にエイリアンのレーザーは正面から撃たれたら誇張でも何でもなくマジで光以外は何も見えなくなる。
シリーズ伝統芸なのかは知りませんが、明らかにデメリットが多くメリットなんて皆無の要素なので改善してもらいたいですねぇ。
しかもやたらと射程が長くてARじゃ全く届かない距離から撃って来るのでウザい。


他には相変わらず物凄い距離を吹っ飛ばされるバグがある。
前作でも赤蟻に噛みつかれてる時に倒すと数キロ吹っ飛ばされるバグがありましたが、
今作でも同じようなバグがあるし、他にも吹っ飛ばし攻撃を喰らった時に異常に飛ばされる事がある。
物理エンジンの問題だと思いますが、この辺のバグもどうにかしてほしいところ。


後は上記でも書いたように、オンとオフの進行度データが別というのもダメですね。
俺のようにオフでクリアしてからオンに行こうという人は沢山いると思いますが、
オンだとまた最初からなので凄い面倒に感じます。
まぁ前作と違ってキャラのステータスは反映されてるのでマシではありますが・・・。


全体的に見て地球防衛軍の正統進化という評価ですね。
良い意味でも悪い意味でも。
普通に年末までこれ1本で遊べそうですし、連休中にインフェクリアまでいきたいものです。
スポンサーサイト



Theme:PLAYSTATION®4 - Genre:ゲーム

Tag:ゲーム PS4 TPS

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://muiminablog.blog45.fc2.com/tb.php/2557-3ba8b38c
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村