Homeゲーム全般>クロスプラットフォームについて

Sun2017.06.18

クロスプラットフォームについて

Microsoftと任天堂はクロスプラットフォームプレイを受け入れた ―ソニーはどうした?


4gamerの記事。
E3でマイクラやロケットリーグでMSと任天堂がクロスプラットフォームを結びました。
クロスプラットフォームとは、プラットフォーム関係なくお互いのユーザーが遊べる仕組みです。
これによってxboxONEとSwitchのユーザーが一緒に遊べるようになったわけです。


MSと任天堂がこういう契約を結び一方で、
一部では契約を結ばなかったソニーに対する批判があるようです。


確かにユーザーにとってはマルチの人口増に繋がるからメリットのように思えますが、
MS主導でやっている事なので弊害もあるようです。
その1つがログインするのにxboxIDが必要になるという点です。
ソニーからすればxboxにユーザーを移行させるようなシステムになってるので断るのは当たり前なんですよねぇ。
Switchの場合は出たばかりのハードでユーザー数が少ないからメリットがあるように思えますが、
PS4は単一のプラットフォームとしては最大なのであえてxboxと組むメリットが薄い。
特に箱ユーザーが絶滅危惧種になってる日本においてはメリットは皆無でしょう。


俺は前世代機で箱ユーザーでしたが、すでにIDもパスも忘れました。
故に仮にPS4でクロスプラットフォームが実現しても新たにxboxIDを取得する必要がある。
新しいアカウントを取得するのは意外と時間がかかって面倒ですし、
ログインするのに両方のIDとパスが必要になるならそれもやっぱり面倒です。


と言うかPS4ユーザーからするとxboxと統合されるとデメリットも多い。
例えば、仮にTitanfall2でPS4×xboxが実現したら、多分俺の戦績は下がると思います。
基本的にFPSはxboxユーザーのほうがレベルが高いです。
xbox360でやってた前作でキルレ1.5だった俺がPS4でやってる今作ではキルレ2.3な時点でそれを物語ってる。
ましてや360ユーザーよりONEユーザーのほうがレベルが高かったらしいので、
もしPS4とxboxONEでクロスプラットフォームが実現したら、
多分あらゆるゲームでPS4ユーザーの戦績が1~2割落ちると思います。
あんまり好ましくない流れですね。


もちろん人口の過疎化が防げるという意味ではクロスプラットフォームは良いですが、
それはあくまで人口が少ない側の意見であって、人口が多い側からすると必ずしも必要ではないです。
まぁ仮に実現されたら素直に受け入れるだけですが、FPS辺りはそのままでいてほしいものですね。
スポンサーサイト

Theme:ゲーム - Genre:ゲーム

Tag:ゲーム

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://muiminablog.blog45.fc2.com/tb.php/2395-3aca8c8d
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村