Home漫画・アニメ>冬アニメ感想

Tue2017.04.04

冬アニメ感想

冬アニメをようやく見終わりました。
まだ全部を見終わった訳ではありませんが大体見終わった。
取りあえず感想を。

幼女戦記>メイドラ>このすば2=ガヴドロ>バンドリ>うらら=セイレン>テイルズ>ワンルーム=アキバ>スクスト>アイドル事変=カオチャ>自転車部=リライト>チェイン=陰陽師

大体こんな感じでしたね。
今期は個人的に幼女戦記の一強でした。
実はまだ12話まで見てないので明日のAbema見逃し配信で見るつもりです。
最終話まで面白いのに最後でコケるアニメも多いので幼女戦記はそうならないようにしてもらいたい。


このすば2とガヴドロは癒し枠として最後まで安定して面白かった。
2期のこのすば作画は割と賛否がありますが、崩れた作画が多くなった分動いてたので特に問題なし。
そもそもこのすばに作画の良さは大して求めてないので一定以上のクオリティがあれば別に良いです。
逆にガヴドロの作画は最後まで安定して良かった。
キャラも可愛かったし2期があれば期待したいですね。


うららはニコニコで有料放送だったので見る予定はなかったんですが、
以前1~6話の振り返り放送があったので見る事にしました。
当然最後に7~11話の振り返り放送があるものだと思って期待してたんですが結局ないみたいですね。
だから6話までしか見てないです。
面白いアニメなだけに6話までしか見れないのは残念なので最後まで放送してほしいところ。


セイレンとワンルームは最初のヒロイン2人はいらなかったですね。
両者に共通して最後のヒロインだけで12話作ってほしかったという感想にしかならない。
交代制ヒロインという都合上どうしても1人に割ける時間が少なくなってしまうのが勿体ない。
それぞれ今日子と萌香だけで12話作ってれば良かった。


アキバは話自体は酷い出来でしたが最後の勢いは良かった。
と言うか勢いだけが売りのアニメなので最終話の展開は強引ですが良いと思いました。
ゲームは体験版がつまらなくて買わなかったのですがアニメはそれなりに良かったです。


アイドル事変は最後まである意味で予想通りのクオリティでした。
アイドルアニメなのにライブシーンに全然力を入れてなかったし曲も少なかったのが残念。
最終話で新曲フルでライブシーンを期待してたんですがねぇ・・・。
後は物語の核であるアイドル議員という立場に関しても話の流れがあまりにも酷く、
むしろ敵側である老害党のほうがまともに見えるし正論を言ってたのが気になった。
一体何のための国民投票だったのか?


チェインクロニクルは戦闘作画だけは素晴らしかった。
逆に言うとそれ以外は特に見どころのないアニメでもあった。
キャラも多い割には4~5人しか覚えられないくらい薄かったしマジで作画くらいしか取り柄がなかったですね。
まぁ2期があったら惰性と暇つぶしの為に見るという程度の出来。


取りあえずこんなところ。
まだ見てないアニメも結構あるので春アニメが始まるまでに全部見終わりたいです。
スポンサーサイト

Theme:2017年新作アニメ - Genre:アニメ・コミック

Tag:アニメ

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://muiminablog.blog45.fc2.com/tb.php/2322-65c09fdb
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村