Home漫画・アニメ>冬アニメ感想

Fri2017.03.17

冬アニメ感想

冬アニメも終盤。
各タイトル終盤に向けてようやく盛り上がってきました。

幼女戦記>このすば2=ガヴドロ=メイドラ>バンドリ>うらら>テイルズ=セイレン>ワンルーム>アイドル事変=アキバ=スクスト=カオチャ>自転車部=リライト>チェイン>陰陽師

大体こんな感じ。
上位の顔ぶれは結局最後まで変わらなそうです。
もちろん中にはずっと面白かったのに最終話にやらかしてしまうアニメもありますから最後までわかりませんが、
ここから大きく評価が動くことは多分ないと思われる。


バンドリはキャラが全員出揃ってようやく面白くなってきた。
最初からこのレベルの出来で作ってくれてれば良かったんですがねぇ・・・。
初の全員ライブシーンはCGの出来は微妙でしたが曲自体はかなり良かった。
有咲のCGだけ他キャラと比べて明らかに違和感があるのでどうにかしてほしいところ。


セイレンとワンルームも最後のヒロインが可愛いので個人的に評価がちょっと上がりました。
両作品に共通して言えるのは1人目がそれなりに可愛くて視聴者の心を掴み、
2人目はちょっと微妙なヒロインで視聴者のハードルを下げ、
最後の3人目で1番可愛いのを持ってきて一気に盛り上げるという手法。
特にセイレンは前2人が色物で最後に正統派ヒロインがようやく来たという感じです。
逆にワンルームは1人目に正統派ヒロインで最後は割とリアルなヒロインという感じですね。


他のアニメも最後までこの調子で続いていってほしいものです。
スポンサーサイト

Tag:アニメ

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://muiminablog.blog45.fc2.com/tb.php/2304-3f280e89
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村