Home漫画・アニメ>改めて見るとええな

Thu2017.02.16

改めて見るとええな

先日ニコ生ではいふり一挙放送がやってたのでTSで視聴。
2日かけてようやく見終わりましたが、改めて見るとやっぱり面白いですね。
作画は良いしキャラも可愛いしBGMも素晴らしく演出も凄い。
唯一の欠点と言えばストーリーくらいですね。


結局のところはいふりの1番の問題は広げた風呂敷を畳めなかった事にある。
あのネズミは何だったのか?ウィルスの謎は?黒幕の正体は?
その辺が何もわからず終わってしまった。
今回の騒動の原因ともなったネズミの件が全く解決してない点がやはり大きな不満ですね。
主人公達の大活躍によって民間の被害はなく危機に瀕してた親友も見事救出して物語としては大団円ですが、
その一方で「ネズミの件は投げっぱなし?」という印象も残った最終話でした。
というか今思えばネズミ設定自体いらなかったのでは?とさえ思える。
まともな脚本家ならあんなファンタジーのような設定なしで説得力を持たせたストーリーに出来てたでしょう。


しかしネズミの件を抜きに考えれば全体的に良アニメでしたね。
日常回はダラダラ見れるし戦闘回は結構熱い展開も多い。
特に最終決戦では援軍到着後の展開はマジで熱いし良かったと思います。
放送当時はネズミの件を全く回収できてない事に対して批判の声が多く俺も不満に感じてましたが、
円盤がかなり売れた事を考えるとそれを補っても面白さのほうが勝ったという事でもある。


んで、今回の一挙放送はOVAの宣伝の為だったらしい。
俺は円盤は買いませんがPSNビデオ辺りでレンタルが始まったら見ようかと思います。
円盤の売上を考えると十分2期の可能性があるので期待したいものです。
スポンサーサイト

Tag:アニメ

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://muiminablog.blog45.fc2.com/tb.php/2279-6fc413eb
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村