HomePS>バイオ7感想

Sun2017.01.29

バイオ7感想

先日発売されたバイオハザード7ですが、
まだクリアしてないもののある程度進めたので感想を。
クリアしたらまた新たな感想を書こうと思います。


現在はトレーラーハウスで女を預かったという電話をもらった辺り。
ファミパン親父は割としつこかったイメージがありますが虫使いのBBAは結構アッサリでしたね。
それともこの後普通に復活してくるのだろうか?


取りあえず感想ですが今作からFPSになりました。
標準的なFPS操作と違ってちょっとやり難いですが許容範囲。
そもそも普通のFPSと違って撃ちまくるタイプのゲームではないのでこの操作性でも特に問題なし。
俺も昔はTPS派でしたが今では完全にFPS派なですし、
やはり三人称視点より一人称視点のほうが臨場感も没入感も上なので良いですね。
これでVRさえあれば完璧なんですが・・・。


難易度に関しては今のところ普通のバイオ。
大体バイオシリーズは初見だとクリアまでに10回程度死ぬんですが、
バイオ7は今のところ5回くらい死んでる感じですね。
最初の恋人とのタイマンでは主人公の回避能力が思ったより低くて1回やられました。
ファミパン親父とのタイマンでは俺がチキン過ぎてチェーンソーで中々切りかかれず徐々に体力を減らされジリ貧になり3回やられる。
最後の5回目は変身前の虫使いBBA相手に火炎放射ゴリ押しで進もうとしたら体力がもたずやられる。
多分後半のほうが難易度は高いと思うので最終的に15回くらいは死にそうですね。


今作は1つのゲームとして見ると面白いです。
ただこれがバイオハザードか?と言われるとちょっと疑問ですね。
どちらかと言えばサイコブレイクのほうが近いです。
一部では原点回帰と言ってる連中がいますが「初代バイオエアプか?」と言いたくなる。
歴代バイオのどの作品と比べても毛色が全然違いますし、
感覚としては初めて路線変更したバイオ4をやったときのような気分ですね。
バイオ4を初めてやった時も路線変更に戸惑ってあまりバイオ感がありませんでしたが最終的に受け入れられた。
バイオ7も今は違和感があるけどシリーズが進んで行けば受け入れられるでしょう。


一方でこのゲームはあまりリプレイ性がありませんね。
456と違って戦闘がメインコンテンツではないので周回プレイする気があまり起きない。
ホラーで探索・謎解きメインのゲームなのでネタが知れてると周回プレイはただ最適解をなぞるだけになってしまう。
456のように戦闘メインなら武器を購入・強化して高難易度に挑むという遊び方が出来るんですが、
基本戦いを避けるゲームなので無限弾を手に入れたところであまり意味がない。
そもそも現状弾や回復が足りなくて困った事がないですしね。


取りあえずクリアまではやりますしDLCも配信日が近いのでそれもやる予定ですが、
過去作のように最高難易度でのやり込みはやらないと思います。
次回作ではもうちょっと戦闘にも力を入れてほしいものです。
スポンサーサイト

Theme:バイオハザード - Genre:ゲーム

Tag:ゲーム FPS PS4

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://muiminablog.blog45.fc2.com/tb.php/2262-10aa64d3
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村