Homeゲーム全般>ゲーム業界の癌

Tue2016.05.24

ゲーム業界の癌

とあるゲーム系まとめサイトでゲーム業界の三大害悪について語ってました。
ここでいう害悪というのはシステムやメーカーの話ではなくユーザー側の話。
ゲーム業界において最も悪質な層は誰なのか?という話です。


まとめ内で上がってたのは「洋ゲー厨」「オープンワールド厨」「グラ厨」「自由度厨」「FPS厨」大体この辺り。
如何にも食わず嫌いの洋ゲーアレルギー患者が立てたかのようなスレですね。
ちなみにまとめ元のスレはゲハ板のスレでした。
ゲーム業界における1番の癌細胞であるゲハ連中が自分達を棚に上げて別の要素を癌扱いしてる滑稽な姿がこのまとめの笑いどころだと思われる。


普通に考えてゲーム業界三大癌要素は「ゲハ民」「懐古厨」「動画勢」で間違いないでしょう。
特にゲハ民は突出して酷い。


・動画勢
自分で実際にプレイせず他人のプレイ動画を見てやったつもりになってる層。
ただそれだけの存在ならプラスにもマイナスにもならないから問題ないのですが、
動画勢は動画を見ただけでプレイしたつもりになってネガキャンをするので最悪。
さらに動画勢は基本的に普通より上手い人の動画を見てるので普通レベルの人のプレイを見て下手糞と罵ったりする。


・懐古厨
まず「昔は良かった。今は駄目」という結論ありきでゲームを語るので論外。
最近のゲームはやってないしよくわからないので印象論のみで語る。
よく聞くのが「最近のゲームはグラだけ綺麗で中身はない」という内容ですが根拠はなし。
そもそも最近のゲームをやってないから印象論で語ってるだけですしね。
基本的に今のゲームをネガキャンするだけの害悪な連中。


ゲハ
上記の2勢力とは比較にならないレベルのゲーム業界最大の癌細胞。
ゲーム業界にとって有益な事は一切せずネガキャン合戦で足の引っ張り合いをするのみ。
ゲーム関連板だけに留まらず全てのネット民から隔離病棟と言われてる場所です。


三大癌要素と言いますが実際にはゲハ民が上2つも取り込んでる感じですね。
ゲハ民の中には多くの懐古厨や動画勢がいますからねぇ。
この3勢力に共通してるのは「ゲームをやらず業界に金を落とさずネガキャンする」という点。
まさにゲーム業界における癌細胞。
この辺りがいなくなればゲーム業界も少しはマシになるでしょう。
ゲハは頭のおかしい連中の隔離病棟としての役割も担ってるのでなくなるとやっぱり困りますが、頭の病気なら早く治ってほしいものです。
スポンサーサイト

Tag:ゲーム ゲハ

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://muiminablog.blog45.fc2.com/tb.php/2018-53b63fa4
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村