Homeその他>メディアの異常性

Wed2016.04.20

メディアの異常性

熊本大地震からそろそろ1週間。
今回の災害でメディアがいかに異常なのかが浮き彫りになってますね。
平時の時でも異常なメディアが多いですが、
こういう時にメディアの連中の常識が一般人からかけ離れてるものだとよくわかる。


メディア連中が大挙して押し寄せてきてるせいで運搬トラックが通れなかったり、
本来なら被災者に行き渡らせるべき食料をメディア連中が横取りしたり、
並んでる被災者を押しのけてガソリンスタンドに割り込む報道陣の車がいたり、
夜遅く避難所で寝てる被災者たちに撮影用の強いライトを当てて起こしたり、
避難所の女子トイレを盗撮したりとやりたい放題やってる模様。


女子トイレ盗撮はTV朝日、弁当横取りは毎日放送らしいですね。
やはり朝日と毎日が日本の2大癌メディアですわ。
平時の時は反日活動、緊急時はそれに乗じて迷惑行為。
まさに百害あって一利なしですね。


毎日新聞にいたっては救援活動に勤しんでいる在日米軍のオスプレイを批判し始める始末。
被災者よりも自社の思想が大事な毎日新聞。
流石ですわ。
毎日新聞の万倍はオスプレイのほうが役立ってるというのに。


今回こういったメディア批判をしてるのは実際に現地にいる人々です。
しかも公権力がある人が言ってるのではなく一般人によるリーク。
つまりメディアは一般の被災者の人たちに疎まれてるわけですね。
まぁ報道の自由を盾に傍若無人ぶりを発揮してれば嫌われるのは当然ですね。
メディアは自分達は平気で批判するくせに自分達が批判されたら「報道への圧力がー」で逃げるので絶対ないと思いますが反省してほしいものですね。
スポンサーサイト

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://muiminablog.blog45.fc2.com/tb.php/1988-3afe76e1
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村