Home漫画・アニメ>冬アニメ感想

Tue2016.01.12

冬アニメ感想

ようやくスタートした冬アニメ。
取りあえずいくつか見てみました。


前クールから継続のうたわれとヘヴィオブジェクトの感想は置いておきます。
見たのはディバインゲートとファントムワールドと少女たちは荒野を目指すの3タイトル。
新規タイトルなので期待半分不安半分。


まずはディバインゲートですが正直今のところ「掴みどころがない」と言う他ない。
設定や世界観がちょっとしか語られてないので評価できないですね。
色んな世界の人間が混在してて主人公が悲惨な過程で育ったという事しかわからない。
人間は変な道具を使って能力を使ってるのかと思いきや主人公は生身で能力を使ってるらしいのでその辺も後で語られるのでしょうかねぇ?
ニコ生アンケで言えば3に入れる感じ。
切る程ではないので3話までは様子見というところ。


少女たちは荒野を目指すは割と見れそうな内容。
最後のギャルゲーを作るという展開が唐突で若干置いてきぼり感がありますが、
今のところは今後の展開に期待出来そうな内容ではありますね。


後は無彩限のファントムワールド。
京アニだけあって作画は安定してるしキャラも可愛いですね。
内容もディバインゲートと違って最初からちゃんと説明してるのでわかりやすい。
今後の展開にも期待したい。


取りあえず上記3タイトルは視聴継続していく予定。
ファントムワールドは今のところ切る要素なしで少女たちも今のところは視聴継続予定。
ディバインゲートは3話までに特に何の説明もなく続くようなら多分切るかも知れませんね。
冬アニメの感想は今のところこんな感じ。


他にも視聴予定のタイトルは沢山あります。
出来る事なら全部切らずに見たいので面白いアニメを期待したい。
スポンサーサイト

Tag:アニメ

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://muiminablog.blog45.fc2.com/tb.php/1889-2b66cebf
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村