Home>2011年06月  TotalPages1

Wed2011.06.29

2DSTGが廃れた理由について

ゲーム関連の事をググってたらたまたま見つけた2chのスレ。

どうして2Dシューティングゲームは廃れたのか

IPが規制中でレス出来なかったので俺なりの考察を書いていこうかと思います。

ちなみに俺は2DSTGは東方紅魔郷から入ってきて妖・永・花までやっています。
商業STGでは怒首領蜂シリーズ・虫姫・ケツイ・エスプガルーダ・ぐわんげといったCAVE作品を主にやっていて、
他には斑鳩・ツインビー・ストライカーズ・グラディウス・イメージファイト辺りをやった事がある。
イメージファイトとストライカーズ以外は全てクリアしています。
特に東方とエスプガルーダは比較的簡単なのでノーコンクリアするくらいまでやり込みました。

一応他ゲーマーと比べてそれなりに2DSTGをやっているという自負がある俺ですが、
虫姫ふたりを最後に2DSTGは全くやらなくなってしまいました。
それも惰性で何となく買っただけで取り合えず1周だけクリアしてトレモでウルトラボスの弾幕体験だけしてさっさと売った。



それでは何で2DSTGは廃れたのか?
俺なりに考察すると大体こんな感じの意見になります。


・グラフィックがショボい
俺は何度もこのブログに「ゲームの面白さとグラフィックの優劣は関係ない」と書いてますが、
それはあくまで「必要最低限のグラフィックである」という前提に成り立っています。
2DSTGの場合はいつまでもスーファミレベルのグラなのでこれでは見た目からして客が手に取るはずがないんですよねぇ。


・演出がショボい
2Dなので表現出来る事に限りがあるというのを差し引いても演出が手抜き。
ジャンルは違えど同じ2DならマリオWiiのラスボスクッパ戦とか他ステージでの演出とか目を見張るものがあります。
2Dでも見せ方によっては色々な表現方法があるのに2DSTGだと例えばボスなんかは倒した時に爆発するだけ。
ケツイのラスボスエヴァッカニアとかは例えばダメージを与える毎に手が1本ずつ折れていったり、
虫姫ふたりの2ボスイカなんかも最後は海に沈んでいくような演出にしたり色々とやり方はあるハズなんですよねぇ。
爆発して消えるだけとかスーファミじゃないんだからさ(笑)


・パターンゲーの氾濫
恐らくパターンゲーではない2DSTGは存在しないかと思われます。
それくらいパターンが大事なゲーム性です。
それが好きな人にはいいんですが大半のユーザーはパターン化なんて嫌います。
これがバイオやデッドスペースみたいに感覚的に覚えるパターン化ならいいんですが、
「決めボム」という言葉まである程にパターン化が求められるのがこのジャンル。

俺が東方をやめたのもこの辺りが原因ですね。
紅や妖は特にパターン化をつきつめなくてもある程度わかれば感覚的に避けられるんですが、
永は使い魔という敵がいてこれを倒せる攻撃とそうでない攻撃を使い分ける必要があり、
中には使い魔を倒さないと避けられないような攻撃がいくつも存在する。
なので従来までの東方と比べてパターン色が濃いんですよね。
だから東方永でスペプラは一応全部とったんですが疲れたのでそこで一気に2DSTG熱に冷めた感じでした。


・戦闘がつまらない
戦闘メインのゲームでありながら戦闘がつまらないという矛盾。
と言うよりも「戦闘をしている」という感じが全く得られないという感覚。
こっちの攻撃はボタン押しっぱで常にレーザー垂れ流しの状態なのでまず「攻撃している」という感覚が得られない。
ただ単にボタン押してるだけ。
何と言うかクリックゲーをやってるような感覚ですね。
敵の攻撃も序盤はともかく中盤以降は鬼過ぎるので「あぁこれ無理…どうせ無限コンテだしボムもう無いし死のう」って思っちゃう。
攻撃側でも守備側でもつまらない。


・圧倒的なボリューム不足
ファミ通クロスレビューでケツイに書かれた記事なんですが「1時間以内にクリアできてしまう」という点。
俺の記憶では1時間どころか30分でクリアした気がしたんですがよく覚えてない。
どちらにしろ1時間以内でクリア出来てしまうほどボリュームが少ないんですよね。
以前の日記にデッドスペースが12時間でクリア出来て短いと書きましたが、
2DSTGの場合はそれの10分の1以下という短い時間で終わってしまうので致命的なまでのボリュームのなさです。


・その場復活でのゴリ押し
上記のボリューム不足の要因はこのシステムのせいであると俺は考える。
死んでもすぐ自機が復活するし全機つきてもコンティニューすればその場からすぐ始まる。
他ジャンルだと死んだらチェックポイントからが大半ですからその場復活システム自体が時代遅れの代物なんですよね。


・中身に対して値段が高い
上記のように様々な面で圧倒的に他ジャンルに劣っているのに6800円という値段。
しかも売れなくて出荷本数が少ないので無駄にプレミア値がついて中古でも高いという現実。
東方は2DSTGとしてはそれなりに売れてるんですがそれはやはり1500円という値段があってこそで、
もしこれがかりに6800円だったら全然売れてないだろうし東方が有名になる事もなかったでしょうね。
上記にもあるように1時間でクリア出来るゲームに6800円出せるか?と言われたら大半の人はNOでしょうね。



とまあこのように俺が考える2DSTGの衰退要因はこんな感じ。
2chのスレではアーケードにこだわった話を展開してる人が多かったような気がしますが、
ゲーセンに全然行かず基本的に家庭用で出てからプレイする俺には全くどうでもいい話。
なので上記の廃れた理由は全て家庭用ゲーム機である事を前提に書いております。

2chでも大体俺と同じような理由を挙げてる人が多く、
どれか1つが衰退の主因となった訳ではなく色々な理由が積もり積もって廃れてしまったのが現状なんでしょう。



んで、衰退理由を挙げたところで次はどうすれば復興出来るのかを考えてみた。
考えてみたとは言っても上記で衰退理由が出てるので後はこれを直せばいいだけの話ですね。


・グラフィックをよくする
海外で出てる全方位2DSTGではアンリアルエンジンを使ってる作品も多い。
2Dでありながらリアルな質感を出している。
Alien BreedやGatling Gearsなど綺麗なグラフィックのゲームが出ています。
いつまでもアケのベタ移植にこだわってないでHD機の性能を生かしたゲームを作ってもらいたいもんですねぇ。


・演出を派手にする
2Dでも見せようによってはいくらでも演出出来ます。
その例が先ほどにも挙げたマリオであり、他にもモデリングに3Dポリゴンを採用する事で演出時だけ3Dにする手もある。
斑鳩のようにね。
3Dモデリングにすればプリレンダムービー作ってまで演出する必要もなくなるし、
上記で挙げたように良いゲームエンジンを使って作ればリアルタイムムービーでも凄い演出は作れるでしょう。


・過度のパターン化を禁止する
ゲームである以上ある程度のパターンが出来てしまうのは仕方ないんですが、
それでも出来る限り作業化しないように対応するのはかなり大事だと思いますね。
例えばL4D2のように毎回敵の出現場所やアイテムの出る場所をランダムに配置するとか、
ボスの攻撃も特定の攻撃を順番にやってくるのではなく色んな攻撃を織り交ぜつつランダムにやってくる。
スターフォックスのようにいくつかのルートを用意するという手もありますね。


・戦闘を面白くする
操作する楽しさや攻撃する楽しさや避ける楽しさを追求するスタイルを確立します。
具体的なものは俺もよくわからんですけどね。
レーザー垂れ流しではなくFPSのように特定部位を狙い撃つスタイルにしたり、
バイオのようにただ攻撃するだけは倒せない特別な攻略法が必要なボスを用意したりね。

敵の攻撃も絶望的なものはなるべく廃止する。
と言うよりも被弾で1撃死が論外なので体力制にする事で敵の攻撃によるプレッシャーを緩和する。


・ボリューム不足の解消
本スレのほうでよく比較対象に挙げられていた地球防衛軍に習います。
ステージは全部で50くらい用意。武器も100種類以上用意して個性を持たせ収集する形にする。
もしくはステージクリア時のスコアによってお金をもらいそれで武器を購入する形。
そしてマリオのようにコアユーザー向けに隠しステージのようなのを10くらい用意。
とにかく1周クリアだけで10時間以上は遊べるような内容を目指す。


・その場復活の廃止
その場復活があるとゴリ押しで誰でも簡単にクリア出来てしまいます。
なのでボリュームが非常に短く感じる。
そこで主流のチェックポイント制を採用するべきだと思います。

昔の2DSTG主流の戻り復活との違いは「チェックポイント通過時の状態で復活」という点。
従来の戻り復活だと死んでしまうと武器などのパワーアップ状態が全て初期状態に戻ってしまい、
難易度の高いステージで死ぬと詰んでしまうという現象が多々あり初心者が萎える原因にもなっていました。
ですがチェックポイント制では死んでもチェックポイント通過時の状態で復活出来ます。
かりにチェックポイント通過時にフルパワー状態だったら当然その状態で復活出来るというわけです。


・値段と中身の折り合いとつける
上記の問題点を解決しボリュームあるSTGを作れればフルプライスでも文句はあまり出ないと思いますが、
従来型の2DSTGの形にこだわるのであればXBLAやWiiware等で1000円前後で売るべき。
と言うかそれくらいの値段じゃないと買う人がほとんどいないという現状ですからね。
2DSTGにはある程度思い入れのある俺でももはやフルプライスで買う気なんて全く起きないですからねぇ。
興味のないユーザーに触れてもらうにはとにもかくにもまずは値段でしょう。

面白い話として怒首領蜂大復活があるんですがXBOXで6800円で発売されたこのゲームは5000本しか売れませんでした。
でもiPhone版で300円で出した大復活は10万DL突破のヒット商品となっているようです。
つまりお手軽価格で遊べればまだまだニーズがあるという事が証明されたわけです。
CAVEはデススマイルズもiPhoneで出すみたいですし今後はこういう方向にシフトしていくんでしょうかねぇ?



久しぶりに気合入れすぎた日記になってしまいました。
俺自身はもはや2DSTGにほとんど興味ないハズなんですけどね・・・。
何故か熱く語ってしまった(・ω・)

俺としては従来のアーケードスタイルのSTGが廃れてしまったとしても、
海外の良作全方位STGが遊べれば何の問題もないんですけど、
やはり一度はハマったジャンルですから無くなるのは悲しいものです。

今後はジャンルとして精進を続けて生き残り復興する事に注力して頑張ってもらいたい。
スポンサーサイト

Tag:ゲーム STG

Mon2011.06.27

やっとPCが復帰したわけだが

約2週間かかりましたがやっとPCが修理から返ってきました。
結局前回と同じでマザボの故障だった事が判明。
2年で2回もマザボ壊れるなんてどんだけ安物使ってるんだよ・・・。

取り合えずもう二度とマウスコンピューターのPCは買わないな。
次壊れた時に無料保証期間過ぎてたらおとなしくDELL辺りのBTOに切り替える予定です。



しかしPCはスペックが大事だという事がよくわかりましたよ。
この2週間は10年くらい前に買った親父のお古を使ってたんですが、
スペックが低すぎてニコ動見ただけでCPU使用率が80%とかいってしまうし、
4gamer開くだけで3~5秒くらいかかるくらい動作が重かったです。

まぁそんな低スペックPCともオサラバでやっと自分のPCを使えるわけです。
去年の静岡旅行の時に撮った写真もそろそろニコ動にあげなくちゃいけないし、
北海道旅行のために調べものも沢山あるし作業が山積みなので頑張りたいです。

Thu2011.06.16

PCが逝ってしまわれた訳だが・・・

購入2年にして2回目の修理。
1回目は購入して1ヶ月してマザーボードが逝ってしまい、
その後は2年近く安定してたんですがついに電源ユニットが逝ってしまいました・・・。

まさか2年で2回も故障するとはね・・・。
もうマウスコンピューターのPCは二度と買わねぇ。

調べてみたんですがあまり評判よくないですねこの会社。
俺の経験談とネット上での評価をまとめると「安かろう悪かろう」を地でいってる会社っぽい。
スペックに対してかなり割安で1~2年程度の使い捨て感覚でPCを買う少数派の人にはいいかも知れませんが、
1つのPCを5年前後のスパンで考えてる大多数派の一般人にはクソメーカーですね。
どんなにスペックが高くて値段は安くても簡単に壊れちゃうんじゃただのゴミ。

ソフで買ったおかげで店頭保証3年なのでそれだけが唯一の救い。

まぁBTOはどこも似たようなレベルなんでしょうけど、
取り合えず今度買う時は評価の高いエプソンかフロンティアの2択でしょうね。
値段は他のBTO専門メーカーに比べると割高ですが品質を考えるとそれも仕方ない。
今使ってるPCの無料保障期間が過ぎた時にまた壊れたら購入を検討したいです。



ちなみに今は昔親父が使ってたPCを押入れからひっぱりだして使用中。
CPUがセレロンのうえメモリ1Gなので死ぬほど動作が遅く、ちょっと画質の良いニコ動見ただけでCPU使用率100%です。
6月一杯をこのPCで乗り切らなくちゃいけないと思うとマジで鬱ですよ。

幸い6月は仕事が忙しくてあまり家にいる時間が少ないし、
ゲームのラインナップも豊富なので暇つぶしには事欠かないですけどね。
バイオはまだExが残ってるしゼルダも買ったしたまにはPCから離れて生活してみようかと思います。

Thu2011.06.09

E3総評

ゲーム業界最大の祭典「E3」がついに終了しました。
MSとソニーに関してはまとめ記事をちょっと読んだ程度ですが、任天堂の発表はLIVEで見てたのでマジ眠かったです・・・。

今回のE3は前回と違って各社見所がありました。
前回は完全に任天堂の一人勝ちだったのに対して今回はPSVitaの詳細と値段が明らかになり、
MSではHalo4の電撃発表とギアーズ3の新PVを披露。
任天堂は次世代機プロジェクトカフェこと「WiiU」を発表。



最初にWiiUの発表を見た時は「え?もしかして周辺機器のコントローラーだけ?」って感じで凄いガッカリしたんですが、
翌日にまとめ記事を見てみるとちゃんと新ハードもあるようなので安心しました。
メトロやエイリアン等の現行HD機とのマルチソフトがあるので性能的には同じくらいでしょうかねぇ?



でももしこれがホントに実機+リアルタイムの映像だったら現行HD機より明らかに上だと思いますね。
テクスチャを見ると現行HD機最高グラフィックであるクライシス2でもリアルタイムでこれは無理だと思われる。
続報に期待したいです。

ちなみに任天堂はWiiU以外にもWiiや3DSのラインナップもいくつか発表。
俺個人としてはいつ出るかもわからない次世代機よりも現行機のラインナップのほうが大事ですからねぇ。



こちらがWiiと3DSのラインナップ。
個人的にサプライズだったのがルイージマンション2とマリオ3DSですねぇ。
特に前者は全く予想してなかったので今からマジで楽しみですよ。
後はカービィがどうやらメタナイトやデデデが今回は味方らしい。
4人でカービィ出来れば面白いでしょうね。
零がなかったのは寂しいですがよく考えればE3は海外のイベントだから無くても当然か・・・。



WiiUの対抗馬としてあげられていたPSVitaですがどうやら値段が決まった模様。

NGPを「PlayStation Vita」として正式発表。Wi-Fiモデルで2万4980円から!

4gamerの記事にもある通りの値段。
Wifiモデルが25000円で3Gモデルが30000円という感じでかなりお買い得感が出ている。
左スティックと十字キーの位置だけは逆にしてほしかったんですが今更ですね。
デッドスペース外伝や他にもいくつか気になるタイトルがあるので機会があれば購入したいです。



MSの発表はまぁ1番ショボかったので省きます。見所はHalo4とギアーズ3の動画だけ。
特に後者は9月発売で散々動画出てますからすごい今更感ですね。
取り合えず今後のXBOXのタイトルに期待したい。



今回のE3は収穫が多かった印象です。
WiiUはまだまだ詳細が欲しいところですが今後の展開に期待したいです。

Tag:ゲーム XBOX360 Wii PS E3 3DS

Wed2011.06.08

ニコ厨について





ニコニコの中でも俺の好きな動画の1つなんですがいつの間にか削除されていました。
削除理由は簡単で使用されている曲が著作権に触れていたからです。

著作権に反してる以上消されるのは仕方ない事なんですが、
動画のコメを見てもわかる通り何故か権利者や運営に対して罵詈雑言の嵐。
俺には・・・と言うかまともな感覚の持ち主なら理解できない事態です。

そりゃ好きな動画が消されるのは誰だって嫌だし削除されたと知った時は俺もテンション下がりました。
普通の人はそこで「著作権違反なら仕方ない」であきらめるところなんですが、
何故かニコ厨は権利者や運営に対して文句を浴びせるという訳のわからない事をするんですよねぇ。
こいつ等の頭はホントに理解不能だわ。

自分達に権利のある曲を無断で使用されれば権利者は当然削除を訴える権利があるし、
権利者側から要請があれば運営はそれを削除しなければならない義務がある。
運営が応じなければ訴えられる可能性だってあるんだから当然の対応。
いくら社会のルールを知らないガキでもそれくらいは知ってると思うんですけどねぇ。



こういうアホみたいな利用者が多いから外部の者から「ニコ厨」等と呼ばれるんですよねぇ。
まともに利用してる一般ユーザーからすればいい迷惑。
もうちょっと常識を身につけてからネット利用するべきでしょう。

Mon2011.06.06

ゲーム音楽について

ニコ動でたまたま「みんなで決めるゲーム音楽」という動画を発見しました。
簡単に言えば2chのゲーマー達が今までやったゲームで最も好きだったBGMを投票し、
その投票結果をニコ動にうpするという企画らしい。

俺は参加してませんけどね。
でも今までやってきた中で好きなゲームBGMを決めるのは大変でしょうね。
多分これまでやってきたタイトル数は軽く100超えてるし、その中で良曲も沢山あったわけだし。
今までやってきたゲームでBGMに順位つけるとしたら個人的にはこんな感じですかねぇ。



1位・・・機の律動=ゼノブレイド
2位・・・決戦サルーイン=ミンサガ
3位・・・名を冠する者たち=ゼノブレイド
4位・・・ラストバトル=ロマサガ3
5位・・・バトル5=サガフロ
6位・・・Burning Spirits=聖剣4
7位・・・The Darkness Nova=聖剣LOM
8位・・・四魔貴族2=ロマサガ3
9位・・・敵のと対峙=ゼノブレイド
10位・・・終点=スマブラ



基本的に戦闘BGMのようにカッコいいものが好きなのでこんな感じ。
戦闘以外ならFFのテーマとかですかねぇ。
やはりRPGが良曲揃いという感じですね。
ちなみに俺がここ1~2年で最も遊んでるのは洋ゲーなんですが不思議な事にほとんど耳に残るBGMがないです・・・。
ゲーム自体は面白いものばかりなんですけどギアーズの戦闘シーン以外のBGMはほとんど覚えてない。

何と言うか↑のタイトル群を見てみるとゼノブレイド以外は昔のゲームが多い。
イトケンや下村陽子に続く次代のゲーム作曲家が育っていないんでしょうかねぇ・・・。
ゼノブレイドで好評のACEも調べて見ると結構昔から作曲してるっぽいし、
次代を担う新しいゲーム作曲家に期待したいですね。

Sun2011.06.05

そういえばE3がせまってるわけだが

E3公式サイト



ゲーム業界最大のイベントであるE3がアメリカで6/6~6/9に開催されます。
日本で言えば東京ゲームショウみたいなものですが、その規模と注目度は圧倒的に桁違い。
東京ゲームショウは日本国内だけのゲームイベントですがE3はまさに全世界注目の一大イベントですからねぇ。
当然ながら俺も注目してるわけです。



任天堂の次世代機「カフェ」やソニーの次世代携帯機「NGP」がついに初お披露目となる模様。
性能もそうだしラインナップも注目していますし、
次世代機だけでなく当然ながら今世代機のラインナップでも新作が続々と出てくるでしょうから要チェックですね。

任天堂信者の俺は当然ながらカフェを買う予定なので気になるし、
ソフト不足のWiiで何か出ないかの期待もあるし3DSのラインナップも色々出てほしい。
NGPもデッドスペースのスピンオフ作品が出るらしいので注目してますし、
さらにXBOXだって当然新作は出てくるし9月発売のギアーズの最新映像だって出るはず。



日本のみならず全世界のゲーマーが注目してる今年のE3。
今週はE3があるし3DSのネットがついに開通するしでかなり忙しくなりそうです。
仕事も忙しいので過労死しないように頑張りたい。

Sat2011.06.04

3DSとバイオハザード

木曜にバイオマーセを手に入れました。
仕事が忙しいせいであまりやる時間がとれず結局まだ1時間程しかやっていませんが、
マーセナリーズとして結構よく作りこまれていて面白いです。
体験版のリベレーションも雰囲気がかなりよく昔のバイオのようなホラー感が出ています。



でもマーセ・リベ両方に言える事なんですが操作性がかなり悪い。
それも3DS自体せいではなく明らかにカプコンの調整不足って感じですね。
俺としてはギアーズやロスプラやデッドスペースのような主流型TPS操作になる事を期待してたんですが、
今作の操作性はバイオと他TPSの中間くらいの操作性で非常に中途半端なんですよねぇ。

移動しながらリロードや回復は出来るしボタン押さなくてもダッシュ出来るしこれまでのバイオに比べれば改善されていますが、
基本的にビハインドカメラなので視点移動がやり難く撃ちながら移動も出来ない。
一応T/FPS操作というのも選べるんですが視点移動が何故かABXYという訳のわからない仕様。
せっかくタッチパネルあるのに何でそれを視点移動に使わなかったの?カプコンは馬鹿なの?
当然そんなふざけた操作性じゃAIMどころか視点移動すらまともに出来ないので断念。
仕方ないので従来型のバイオ操作でやっています・・・。

この辺は後にゲームレビューで書きますがホントに操作性が悪い。
カプコンはもうちょっと考えて作れと言いたいです。
リベレーションも雰囲気自体はよかったけど操作性は悪かった。
いつまでも従来型バイオの操作性になんかこだわってないでさっさと主流のTPS操作にして欲しいですね。



まぁ操作性は悪いですが今まで通りのバイオと同じ感覚でやれば結構遊べます。
まだ2-3までしかやっていませんが親切なチュートリアルがあって初心者も安心だし、
面区切りで短いのでちょこっと遊ぶのに丁度いい感じですね。
今月は毎週土曜出勤であまりゲームをやる余裕が無いので、
ガッツリやるタイプより逆にこういったミニゲーム感覚で遊べるほうがいい気がしますね。



取り合えずまずは全キャラ出して一通りクリアしたら無線wifiコネクタ買ってオンCoopを楽しみたいです(´∀`

Tag:ゲーム 3DS

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村