Home>動画・写真(category)  TotalPages19 next

Sun2017.06.18

長野の棚田

先月長野に行って棚田の写真を撮りに行きました。
その時の写真を適当に。


その週は日勤で、仕事が終わったらすぐに家を出る。
19時頃に出て、長野の姨捨に着いたのが23時頃。
ここから姨捨棚田の駐車場を探すのに1時間くらいかかりました。
地図を見ても全く道がわからず、ナビ通り行っても何故か現地に着かない。
目立たない小さな横道があってそこから駐車場へ行けるんですが、
夜だと案内の看板が全く見えず、たどり着いたのが奇跡というレベルでしたね。

IMG_6911.jpg

現地に着いて最初に撮った1枚。
深夜で辺りは真っ暗で、外灯が1本もないので、田んぼを写すには超高感度で撮るしかないんですが、
高感度で撮ると夜景が異常に明るくなってしまうんですよねぇ。
背景の夜景をそれなりの明るさにしつつ真っ暗な前景もしっかり写すにはどうすれば良いのだろうか?

IMG_6919.jpg

これだけの光害がある場所なのに天の川と満点の星空が見える。
やはり日本一の星空が見れると言われてる長野は他の都道府県とは一味違いますわ。
しかしシャッター時間30秒でも大分星が流れてしまいますねぇ。
やっぱり広角レンズじゃないと30秒で撮るのはキツイですね。

IMG_6938.jpg          IMG_6940.jpg          IMG_6947.jpg

翌日は福島棚田の里。
写真で見ると結構良さげな場所だったんですが、
実際に行ってみると田植えはまだだし、上のほうは放置されて荒れてたし微妙でしたね。
稲が育って黄色に染まった時に行けば良い写真が撮れそうな場所でした。


その後は姨捨に戻って早めの風呂と晩飯。
信州と言えばやはりソバが有名なので、適当な店で手打ちソバ食ってました。

IMG_6972.jpg

飯食った後は姨捨駅へ。
駅からは平野部を一望できる絶景スポットです。
逆光気味だったのでここには載せなかったんですが、
望遠でベンチに焦点を合わせて平野部を撮ると結構良い味の写真になった。


ついでに姨捨駅でちょっと休憩。
ここで飲むバニラアイスというのがあって、試しに飲んだんですがマジでそのまんまの味でした。
初めて見た飲み物だったので長野限定だと思ってたんですが、
どうやら駅限定の飲み物らしく、駅構内にある自動販売機なら普通に全国に売ってるらしい。
電車なんて年に1~2回しか利用しないから全然知りませんでした。

IMG_6978.jpg

休憩が終わったら姨捨の棚田へ。
深夜で真っ暗だった時は駐車場の場所が全くわからなかったんですが、
明るい時に来ると案内の看板があるし目視で駐車場も見えるので一目瞭然ですね。


取りあえず陽が沈むまでに適当に場所を探してたんですが、
やはり人気スポットだけあってカメラ持ちの人が非常に多かったですね。
特に個人的に「ここ良いな」と思った場所は人が横並び状態でした。

IMG_6995_201706180739106b6.jpg

夕暮れの棚田。
陽が沈む場所が山のほうだったので思ったより空が赤くなりませんでした。
そこだけはちょっと残念でしたね。

IMG_7061.jpg          IMG_7063.jpg

同じ場所から普通に夜景を撮る設定と超高感度設定での撮影。
夜景は左、棚田は右のように撮れる設定とかは無いのでしょうかねぇ?
しかし6Dはやはり高感度性能が良いですね。
辺り真っ暗でもこれくらいは撮れるので凄いものです。
今度は星空撮影で高感度を活かしたいですね。


その後は帰宅。
家についたのは日付が変わるくらいでした。
圏央道のお陰で長野まで3時間程度で行けるようになったのは大きいですね。
また行く機会があったら、今度は日本一綺麗な星空が撮れる阿智村に行きたいですね。
スポンサーサイト

Theme:風景写真 - Genre:写真

Tag:風景写真

Mon2017.05.22

滋賀旅行2日目「琵琶湖以外巡り」

4/28(金)


GWの連休2日目。
前日は移動だけで終わって疲れたので早くに寝ました。
それもあって割とよく寝れた。


7時半頃に起床。
ちかくのコンビニでおにぎりとお茶買って朝飯。


まずは最初の目的地である近江八幡堀へ向かう。
俺は有給で休みですが、世間一般では平日で、丁度通勤時間帯だったので結構混んでましたね。
8時半頃に到着。

IMG_6545.jpg          IMG_6554.jpg

こうして写真だけで見ると古い街並みや堀などが良い場所に見えますが、
実際には現代的な建物が多く、電柱電線もあるので、そういうのが入らないように撮るのが意外と大変です。
現代的な建造物が入らないようにすると撮れるアングルは少ない。
ちなみにまだ早朝だったので船は乗れませんでした。
平日朝だけあって観光客も少なく、俺も30分くらい散策して出発しました。


その後は安土城跡へ向かう。
この日のコンセプトとしては琵琶湖以外を巡る事です。
昔滋賀旅行した時は基本的に琵琶湖の周りを見ただけでしたが、
滋賀は琵琶湖だけではないので他の場所も見ようと思ったわけです。

IMG_6569.jpg          IMG_6558.jpg

9時半に到着。
安土城は山の上にあるので結構大変な道のりでした。
俺も彼女もインドア派で、普段は全然運動をしないからここはマジでキツかったです。
こういう石垣が当時の姿のまま残ってると歴史を感じますねぇ。
当時の人達は町や城に用がある度にこの山道を往復してたんでしょうか?

IMG_6563.jpg

山頂はこんな感じ。
城跡なので城は当然ながら残っていません。
割と景観は良いですが、木が生い茂ってるのでそこまで広くは見れない。


山から降りた後はちょっと休憩。
三十路手前の俺と女には結構キツい道のりだったのでかなり疲れた。
もう午前中の時点で1日の体力の大半を使った気がします。


10時過ぎに出発。
琵琶湖沿岸沿いを走って琵琶湖大橋を渡る。
取りあえず以前も来た事のある道の駅米プラザへ。


ここは滋賀最大の道の駅で、大きな土産物屋と地元名産店、後は飲食店もあります。
何よりも最大の特徴は琵琶湖大橋がすぐ近くにあるという事。
この時は写真を撮りませんでしたが、やはり近くで見ると大迫力ですねぇ。


取りあえず昼飯。
俺は近江牛飯定食、彼女は近江牛弁当定食みたいのを頼んでました。
やはり日本三大和牛だけあって肉がメチャクチャ柔らかくて旨かったですね。
ウチの地元スーパーにある四等和牛よりもさらに柔らかい肉。
昼飯食った後は地元名産店でラムネとみたらし団子を買って外のベンチで食う。
琵琶湖を見ながら食う団子は旨いわ。


午後になったら琵琶湖南のほうで雲が広がってきたので北上。
白髭神社に行ったら逆光だったのでショボい写真しか撮れなかった。
以前行った時は午前中で逆光だったのに、何で午後でも逆光なんですかねぇ・・・。
その後は近江舞子浜へ行く。

IMG_6604.jpg

ここに着てようやく琵琶湖を撮りました。
相変わらずの広さで、ギリギリ向こう岸が見えるくらいですね。
ちなにみ近江舞子浜に来たつもりだったんですが、経緯のメモをミスったせいで源氏浜に来てしまった。


ついでに近くのしんあさひ風車村を見ようと思ったんですが、閉鎖中だったのでスルーしました。
画像検索するをかなり良さげな場所なだけに残念でした。
今度滋賀に来る機会があったら見てみたいものです。


んで、その後は海津大崎へ向かう。

IMG_6612.jpg

この時点でもう逆光。
以前の滋賀旅行で来た時も逆光でしたが、今回も逆光になってしまったので後悔。
今度来る機会があれば順光、もしくは夕焼けの風景を撮りたいものですね。


その後は奥琵琶湖パークウェイを通って琵琶湖沿いを走っていく。
奥琵琶湖は南側と違って交通量が少なくて人もほとんどいなくて落ち着いてますね。
いくつか写真を撮りながら周ってたんですが、逆光だったので大した写真は撮れず。


最後に琵琶湖+夕焼けの風景を撮りに荒神山という場所へ行きました。

IMG_6650.jpg

夕日+琵琶湖+水田がかなり良い場所ですね。
評判が良い場所だったので試しに来たんですが大正解でした。
アクセス的にも車で一気に展望台まで行けるので良いですね。
かなりの田舎で過疎地だと思うんですが、それでも俺等以外に3~4組くらいいました。

IMG_6670.jpg

太陽が沈んだ後はブルーアワーも撮るために待機。
ブルーアワーも良いんですが、こういう夕焼けの赤からブルーアワーの青に変わるまでの流れも良いですね。
赤と青が混ざり合ってかなり良い色合いになってる。

IMG_6684.jpg

そしてブルーアワーに。
こういう絶景を見れば、普通のカップルなら少しは良いムードになるんですが、
俺等がしてたのはその日の夕飯の話でした。
実際に何を食うか決めてませんでしたからね。


夕日とブルーアワーを撮ったら長浜市へ戻る。
晩飯はびわこ食堂という定食屋。
ここの鳥野菜鍋が量が多くて旨いです。
野菜山盛りで出汁も効いててご飯のおかずには最高でしたね。


飯食った後はおながわ温泉という所で風呂。
市街地から離れた場所ですが、その分静かで良かったですね。
その後は長浜市内のビジホで就寝。
この日は晴れの中で観光出来て良い1日でした。

Theme:国内旅行 - Genre:旅行

Tag:風景写真 旅行 滋賀

Sun2017.01.08

次はいつ撮れるのか

13連休もあった年末年始の休みも明日で終わり。
明後日からまた仕事仕事の毎日が始まると思うと今から鬱です・・・。
次の連休はGWとまだまだ先なのでため息しか出ない。


んで、この連休は何度か写真を撮りに行ったんですがこれが今回の連休最後の写真。
基本的に連休くらいしかカメラを使わないのでいつまでたっても腕が上がらないですが、
次に写真を撮れるのは一体いつになる事やらわかりませんね。


急きょ決めた予定だったんですが彼女も普通についてきてくれました。
とは言っても遠くに行くのもダルいので近場で良さそうな場所を探してたんですが、
そしたら渡良瀬遊水地が近場で良い撮影スポットだと有名だったので行ってみる事に。


今回の撮影目的はブルーアワーと日の出。
ウチから渡良瀬遊水地までは車で30分くらいなので5時半ごろに出発。
6時くらいに到着すればいいと思ってこの時間に出たのが最大の失敗でした。


現地に到着してみたら6時過ぎで既に空が明るくなりかけてた。
取りあえず撮ってみたんですが、

IMG_6455.jpg

こんな感じの写真しか撮れませんでした。
どうしても地平線の辺りが白く光ってしまって全然ブルーアワーっぽい写真が撮れません。
白を抑えようとすると今度は空が暗くなってしまいやはりブルーアワーっぽさが出ない。
やっぱりブルーアワーを撮るには日の出の1時間前には現地にいないとダメみたいですね。
「明るくなっててもマイナス露出で暗くすればいいやろw」と思ってたんですが甘かったみたいです。

IMG_6490.jpg

日の出も取りあえず撮っといた。
ブルーアワーメインのつもりだったのでついでに撮った感じです。
初日の出でもないのに結構カメラマンが多くて、やはり有名スポットなんだなと思いました。
平日でこれなら初日の出はマジで混雑してたんでしょうね。

IMG_6494.jpg

朝焼けの草原。
雲一つない快晴で数十キロ離れた筑波山もよく見えます。


何だかんだで帰宅。
帰りは通勤ラッシュの時間帯だったので結構混んでました。
来る時はトラックしかいなかったのに。


写真自体は微妙なものになってしまいましたが、
今回の失敗のお陰でブルーアワーを撮るには2~30分前じゃ遅いという事がわかりました。
地平線が白くならないよう理想のブルーアワーを撮るのなら1時間前くらいだと思いますし今度は上手くやりたいですね。
後は初めて行く場所だったので良い撮影スポットがよくわかっていなかった。
渡良瀬+日の出で画像検索すると良さそうな場所が結構見つかるので今度はもっと違う場所で撮ってみたいですね。

Theme:夕陽・夕焼け・朝日・朝焼け - Genre:写真

Tag:風景写真

Sat2016.11.05

戦場ヶ原

金曜に有給を使って4連休。
そういう訳で金曜の夜は栃木県の奥日光にある戦場ヶ原まで行ってきました。
目的は星空撮影。
戦場ヶ原は関東で1番の星空スポットで有名なので行ってみたかったというのもある。


戦場ヶ原と言うと俺のイメージでは物語シリーズの戦場ヶ原ひたぎのイメージが強い。
物語シリーズの登場人物は地名が由来になってて、
その中でも戦場ヶ原は最も有名だと思います。
ちなみに特にアニメとのコラボ等は行われてない模様。


昼間はたまってるニコ生TSを見て過ごす。
夕方に近所の極楽湯へ行って彼女を拾って出発まで家で過ごす。
大体2時間くらいかかるので20時前に出発。
この時点でとんでもないミスをしてたんですが俺はまだ気づいていなかった。


ナビ通り現地には22時頃に到着。
圏央道のお陰でいちいち久喜まで行かなくても幸手から高速に乗れるのは大きい。
一般道だと幸手から久喜ICまで普通に30分近くかかりますからねぇ。
高速だと幸手から久喜まで10分かからないのだから凄い。


戦場ヶ原は外灯がないのでトイレの入口以外は真っ暗。
まぁ車が結構いたので常にライトで明るい状態ではありましたが、
肝心の展望所は光源ゼロなのでライトは必須という環境。


んで、ここで致命的なミスに気付いた。
この日の埼玉は夜でも気温10度程度だったので栃木も大して差はないと思ってました。
高原だから地上よりちょっと寒くて大体5度くらいだと思ってたら何と驚きの氷点下。
まさか11月で氷点下まで下がるとは思ってなかったので寒すぎてヤバかったですね。

IMG_6305.jpg

俺の手持ちのレンズで最もF値が低いのがF4です。
正直F4レンズで星空撮影はかなり無理がある気がしてきた。
シャッター速度30秒だと暗くなっちゃうしISO3200まで上げると上記のようにノイズがキツイ写真になってしまう。
だからと言ってシャッター速度を上げると星が流れてしまう。
俺のレンズはかなり視野角が広い広角レンズなので拡大しなければシャッター速度50秒くらいまでなら星が流れてるようには見えませんが、
やはりノイズと星の流れを考えるならF値がもう少し低い物を買いたい。
丁度標準レンズも欲しいと思ってたのでタムロン28-70F2.8辺りが安いし購入を検討したいですね。

IMG_6309.jpg

天の川っぽいのが見えたので撮ってみた。
ちなみに冬の天の川はかなり薄くて目視しにくい上に22時だとまだ早いらしい。
綺麗に天の川を撮りたいなら夏で深夜1時過ぎ辺りが最も良いというのを帰った後に知りました。
今回の目的は初の天の川を撮るつもりだったので残念でしたね。

IMG_6312.jpg

しかし評判通り戦場ヶ原の星空は素晴らしい。
同じ関東でも平野部では絶対に見れない光景が広がっています。
俺の住んでる幸手は田舎なので一応星は見えるんですが、やはり山の上はレベルが違いますね。
流石関東一と言われてる星空スポットだけありますわ。

IMG_6318.jpg

ちなみにこれはISO1600シャッター速度30秒で撮った写真ですがやはりISO3200に比べるとノイズ量が全然違いますね。
F2.8ならもっと明るい感じで撮れると思うので俄然タムロンレンズが欲しくなった。
金銭に余裕があれば当然純正24-70F2.8Lが欲しいですが20万円しますからねぇ。
タムロンなら4万円なので多分こっちを買うと思います。
次に星空撮影をするのは大みそかの初日の出を撮りに行く時。
それまでにもう少し明るいレンズを手に入れたいものです。


んで、大体23時頃まで撮影。
と言っても寒い中1時間も撮影してたわけではなく30分くらいは車の中にいました。
思ったよりも寒くてあまり撮影に時間を裂けなかったし三脚を忘れてしまったので良い写真を撮れなかった。
今度からは最初から車に三脚を積んでおいて星空撮影のやり方も色々と調べてから行きたいですね。

Theme:夜景 - Genre:写真

Tag:風景写真

Tue2016.09.06

北海道旅行6日目「世界遺産の旅」

8/11 旅行6日目


6時頃に起床。
今回の旅行は通して大体23時前に寝て6時頃に起きてます。
やはり早く起きたほうがその分観光できる時間が伸びますからね。
今月の連休も旅行予定ですが早寝早起きを心掛けたいですね。


7時前には出発。
サロマ湖へ行こうかどうか迷ってたんですがダートが面倒なのでスルー。
あのアクセス道はもう少し整備してもらいたいですね。
サロマ湖を一望できる唯一の場所なのにあのアクセスの悪さは勿体ない。
道を整備して売店でも置けばもっと繁盛すると思うんですがねぇ。


取りあえず能取岬へ行く。
ここはサロマ湖と違ってアクセスが楽だし景色も良い。
能取湖の脇道で駐車スペースが全然ないのが勿体ない。

IMG_5779.jpg

去年はスルーした能取岬。
意外とポケストが多かったので適当に歩いて周ったんですが、
灯台以外にもオブジェクトがいくつかある事を初めて知りました。

IMG_5788.jpg

能取岬へと伸びる道。
今は両サイドの草が伸びてて展望が微妙ですが、
昔は草が短かったのでここから道+灯台の風景が撮れたらしい。
ここだけに限らず旅行先を画像検索すると実際の風景と違う事が多いですね。
適当に写真を撮った後はメルヘンの丘へ向かう。

IMG_5797.jpg

メルヘンの丘。
写真だと美瑛のような場所に見えますが実際は車通りの多い国道脇の風景。
有名な割に意外とアッサリしてる普通の風景でした。
画像検索すると夕暮れ時なら結構良さげな場所でしたね。
今度来る機会があったら夕暮れ時に撮ってみたいものです。


その後は近くの道の駅で休憩。
ここで白い恋人アイスというのを見つけたので食ったんですが旨かったですね。
何かお土産買ったような気がするけど忘れた。


休憩した後は斜里にある天に続く道を目指す。
今回の旅行での失敗点がこの移動でした。
例年は海沿いの道を通って国道244経由で向かいます。
国道244は原生花園や草原や海など景色の良い道を走れるんですが、
今年はナビに任せて違う道で行ったせいでその風景を見れなかった。
かなり後悔してるので来年はちゃんと通りたい。

IMG_5818.jpg

天に続く道。
どこに焦点が合ってるのか全くわからない写真になってしまった。
後から知ったんですがここは展望台から撮るのではなく、
そのさらに先に行ったもっと高い場所から撮るのが良いらしい。
実際画像検索してみると明らかに展望台よりも高い場所から撮ったであろう写真が結構ありました。
来年はもっと上から、出来れば夕暮れの時間帯に撮りたい。
ある程度写真を撮った後はいよいよ知床へと向かう。

IMG_5829.jpg

毎年人大杉でスルーしてたオシンコシンの滝に初めて来ました。
有名スポットだけあって結構人が多かったですね。
まぁ今年は駐車場が空いてるだけマシでしょう。
ここは水しぶきが凄すぎてあまりカメラを向けたくなかったので適当に撮って退散。

IMG_5848.jpg

雄大な羅臼岳の風景。
広角側じゃわかりませんが望遠で見ると洞穴が結構あります。

IMG_5851.jpg

天気が良いので北方領土の国後島が良く見える。
人の手がほとんど入ってない山林の風景も良い。

IMG_5853.jpg

日本百名道の知床峠。
画像検索すると同じようなアングルの写真が結構見つかる有名な撮影場所。
駐車スペースがないのに停めてる人が結構多かったですね。


その後は峠を下って12時頃に道の駅らうすへ。
例年通りここで昼飯。
俺は黒ハモ丼、彼女は知床定食。
黒ハモは味はウナギと似てますが触感はねっとりしてました。
彼女の頼んだ知床定食は結構量が多かったので刺身半分くらいもらって食ってた。
ホッケも一口もらいましたが旨かったし来年は俺も定食にしようかと思います。


昼飯食った後はお土産購入。
いつも通りとろろ昆布や乾物の海産系を買いました。
あまり荷物になっても嫌なのでちょっとだけ買って港でちょっと休憩。
内陸部へと向かう。

IMG_5862.jpg          IMG_5873.jpg

快晴の開陽台。
開陽台には何度か来た事がありますが地平線を見れたのは初めてですね。
と言うか快晴の開陽台が初めてです。
ライダーの聖地と言われてるだけあってバイク乗りが凄い多かった。


いつも通りここではちみつソフトを食う。
全国で色んな所に旅行してるしソフトクリームも結構食ってますが、
その中でもここのソフトクリームは1番良かったと思います。
まぁ全国トップクラスと言っても過言ではないでしょう。

IMG_5875.jpg

北19号、通称ジェットコースターの道。
富良野にも同名の道がありますが、ここの道はそこまでジェットコースター感はありませんね。


その後はこの日の宿泊地である釧路へと向かう。
予定にはなかったんですがせっかく釧路に行くのだから夕日撮影しようと思って釧路湿原に行く事にしました。

IMG_5882.jpg

釧路湿原細岡展望台からの風景。
相変わらず展望台の下から伸びてきてる木が展望の邪魔になってます。
国立公園だから伐採は出来ないのでしょうかねぇ?

IMG_5903.jpg          IMG_5924.jpg

日本とは思えないような風景が目の前に広がってます。
さながらサバンナのような風景ですね。
普通ならカップルでこういうシーンを見れば良い感じになると思うんですが、
有名スポットだけあって人が多くてムードも何もありませんでしたね。
特にここは綺麗な夕日+湿原の風景を見れる唯一の場所なので夕暮れの時間帯はマジで人が多い。


19時前になって街へ帰宅。
まずは例年通りふみぞの湯で風呂。
と言うか釧路にはふみぞの湯以外に大きな温泉施設がありません。
だから必然的に風呂はここになるしホテルもこの近辺になる。
まぁここは近くにドラッグストアやコインランドリーがあるので旅行者には便利ですね。


風呂からあがった後は晩飯。
名前は忘れましたが居酒屋でクジラの刺身とか食ってました。
飯食った後は近場のビジホで就寝。
この日は晴れの道東を堪能できたので最高の1日でした。

Theme:北海道旅行 - Genre:旅行

Tag:風景写真 旅行 北海道

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村